First day of school

まだ夏の日差しを感じますが、9月に入り、アメリカは学校が始まります。日本は新学期が4月なので、まだ9月から新学期のスタートにしっくりこない私ですが、我が家の娘も今日から幼稚園へ。生まれて初めて親元を離れ、新しい環境に飛び込む(しかもまだ喋れない英語の世界)なんて大きなステップです。私も自分のことのようにドキドキしていました。早起きして自分の背中より大きなリュックを背負って登校する姿に大きな成長を感じました。前日は大好きな「カーズ」の映画を観て、「まだ英語わかんないから勉強するの。」と。そういえば大好きな日本語のテレビをしばらく見てなかったような。聞いてみたところ、やはり英語の勉強を密かにしていた様子。まだ3歳なのに感心させられました。もうお姉ちゃんなんだなって。
ほっぺの大きな1歳児の坊やもヨチヨチから、トコトコ、今では少し走り出す感じまでになりました。食欲も半端なく、どんどん肥えていきます。きれいな女の人を見るとジッと見つめて愛想を振りまく、父とは正反対な性格です。うちの中をケラケラ明るい笑い声で明るくしてくれる癒しキャラ。こんな僕も最近、母が(私が)断乳をし、大好きだったオッパイとのお別れ。おしまいを告げると、「いっちゃったー、いっちゃったー」と泣き崩れ、まるで初めて失恋したティーンエイジャーを見ているかのようですごくせつなくなりました。そんな絶望感も1日で乗り越え、一つお兄ちゃんになりました。
夏はいろんな友達にも会えて、いろんなところに行けたので、たくさんのいい経験ができました。写真はロングアイランドのワイナリーにて。お父さんの仕事に同行。一面の葡萄畑。
母の夏のギグのハイライトは何と言ってもリンカーンセンターの野外コンサート。
パリ在住のシンガーソングライターのALA.NIとのコンサート。詳細を知らずに現場へ到着すると、
写真に入りきらないほどの席。今までニューヨークでやって来たギグの中で一番大きい会場かも。無料コンサートとは言え、いっぱいにはなるはずないよな、と思ったら、開演2時間も前から長蛇の列。2ブロックくらい並んでたかな。こんな大衆を前にトリオなんて緊張するな。。。と思いました。

コンサートは無事大成功。曲ももちろん、譜面なんてないから全部一から彼女の曲を覚えて数日間は頭がいっぱいだったけど、達成感があったいい1日でした。またこんな大きなステージで演奏したいです。
あと、産後初にSmall’s でのギグ。 あのエネルギーは懐かしかった。メンバーみんなが額に汗をにじませてめっちゃスイングした熱いショーでした。
今年は2年ぶりにまた日本に帰ります!ライブも企画中なので、情報公開までしばしお待ちください。
また日本にいる皆様にお会いできるのを今から楽しみにしています!

ブルックリンでの再スタート

4月に入ってもまだ雪が降り積もったNY。Facebookやインスタなどで日本の友達が満開の桜を載せているのを見て思わずフーッとため息が出てしまいました。 引っ越し、友人の協力を得て無事終わりました。新居は前の家に比べてスペースが広くて気に入っています。前の家は下の大家さんから子供の足音がうるさいと苦情があってから忍者のように忍び足でタタタターと走っていた娘。でも新居は一階なので、なんの気兼ねなくドタドタ走ったり踊ったりのびのびしています。マンハッタンへ出るのには前よりも時間がかかったり、せっかく仲良くなったママ友達と離れるのはさみしいけど、いいところが見つかって良かったです。 今まで住んでいたクイーンズとはまた違う雰囲気でうちの周りはユダヤ人やロシア系の人がたくさん住んでいるようです。前の住まいはインド人やチベット人やネパール人などアジア人が多かった地域でした。(カレーの香りがけっこうしたな。)同じ街なのに少し電車に乗れば全然違う文化や人に会えるNY。十数年も住んでいるのにまだまだ新しい発見が多くて楽しいです。 そういえば引っ越してから何かが変わったのか、急にいっぱい仕事が舞い込んで来ました。ラッキー!先月はいつも外に出ていたような気がします。ありがたいですね。写真はスイングマシーンことブランドン・サンダースとのギグにて。ブランドンとはバークリー時代からの知り合いで今でもとってもいい友達です。あのヘビーなスイングはなかなか体験できない代物です。数年前までずーっと一緒に演奏してきたのですが、第一子を妊娠してから3年近く一緒に演奏できなかったのですが、また一緒に演奏できて「戻って来たな」って感じです。写真は私の大好きなピアニスト、アンソニー・ウォンジーとサックスのガブリエルと。 3/17はセントパトリックスデイ。アイルランドの祝祭日。リバーサイドにあるバカでかい(こういう表現が一番しっくりくる)教会でのイベントでした。ギタリストのShu Nakamuraさんとは初共演。エレベで参戦した楽しいイベントでした。3月はWomen’s History Monthということもあって女性バンドでも演奏しました。ニーナ・シモントリビュートコンサート。ニーナ・シモンの音楽は魂がこもっていて素晴らしいですね。一緒に演奏したバンドもよかったし、お客さんも大盛り上がりのいいコンサートでした。 こんな感じで3月が過ぎ、もう4月。4/14は古巣クイーンズにてQueens Jazz Overground 主催のスプリングジャズフェスティバルがあります。私は明日、CD発売を控えるThe OKB Trioで出演します。ご覧の通り、阿部大輔バンドも出ますよ!クイーンズ在住の素晴らしいミュージシャンのライブ、クリニックやジャムセッションなど一日音楽が楽しめます。そして無料!子連れオッケー。うちも夫婦での参加になるので家族総出で楽しみたいと思います。お近くにかたは是非遊びに来て下さいね。ではでは!今回はやけに自分の写真が多くなってしまった。。。

節目

2月もあっという間に後半ですね。極寒だったNYは寒さがやっと去って行ったかのような風が吹いています。うちは寒くても相当寒くない限り、冬の間も子供を外に出してあげるのですが、公園には誰もいなくほぼ貸切状態。しかし、今日は珍しく気温が15度近くも上がったので、こんなに住人がいたのか!と思うくらいすごく混み合っていました。
1年前にお腹の中にいた息子もすでに8ヶ月。ブランコデビューです。2人のブランコを押す自分が5年前には想像もできなかったな。 お散歩の帰りはいつもこう。

肉まんベイビー。よく笑い、よく食べます。つまらない父のギャグにも笑ってあげる心の優しい赤ちゃんです。
こんな家族4人のNYでの暮らしも変化の時が来ました。NYの物価も交通費もドンドン上がっていって苦しい〜と思っていた矢先、さらに今いるアパートの家賃が$300の値上げ宣告。6年前から$500も上がってしまいました。ありえない!と思って引っ越しを決意したのですが、フタを開けるとどこも同じような値段か、それよりも高い物件ばかり。さらに私たちのようなアーティストカップル(所得が低いということね)、外国人、子供が2人となるとどこも貸したがらず、物件を見るアポイントメントさえ取れない始末。電話をしては断られて、かなり凹んでいましたが、ありがたいことに友人の知り合いの大家さんがうちを貸してくれるということに。なので来週引っ越しです!今いるクイーンズからブルックリンへ。新しい生活にワクワクします。どうなることやら。
お知らせです!この度、山田拓児君からお誘いを受けてミュージック・レッスン・オンラインというサイトでオンラインレッスンを始めさせて頂くことになりました。アメリカ国内の方はもちろん、日本にいる皆様にもオンラインで音楽のレッスンができるようになりました。料金は50分 ドルでの精算ですが、日本円だとおよそ¥6600です。
初心者の方から上級者の方まで。ご自宅からでもNYに繋がります。一緒にベース弾きませんか?ウッドベースはもちろん、エレキベースでポップスやロックやR&B弾いてみたいという人も大歓迎です。連絡待っています!
私の他にもたくさんの素晴らしいミュージシャンが講師として名を連ねていますのでチェックしてみて下さいね。

あと憧れのジャズライフ誌のに2月号に我々の新作のレビューが掲載されています。本屋さんでぜひこちらもチェックしてみて下さいね。

ではでは、とりあえず引っ越し頑張ります!
またね。

新年のはじまり

いよいよ2018年スタートしましたね。明けましておめでとうと言うのには遅いブログの更新となってしまいましたが、みなさんのお正月はいかがでしたか?こちらは今年は1/2から世間では学校に仕事が始まり、平日に戻った雰囲気が漂い、日本人の私としてはせめて正月の三が日くらいはおせちをつついて餅を食べてのんびりしたい!!と思っていました。元旦は師匠のお宅へお招きいただき、たくさんのミュージシャンたちと美味しいご飯にセッションと音楽にあふれた新年の幕開けになりました。ありがたいです。 では新年1発目のいいニュース。3年前にレコーディングしたOscar Perez, Brian WoodruffとのOKB Trioというピアノトリオのデビュー作が今年の4月に発売が決定しました。日本での発売はまだ未定なのですが、なんとかします!アメリカの古き良きスタンダードからお互いのオリジナル曲が入った楽しい作品です。この3人で初めて一緒に演奏した時にお互い、ビビビッてきてそれ以来いつも楽しく一緒に音楽を作っています。生まれも育ちも性別も年も違う私たち、似ているのは背丈くらいでしょうか?音楽が繋いでくれた楽しい仲間と作った作品を多くの方に聞いて頂けたら嬉しいです。 NYでは1/23にアストリアのThe Last Wordというお店でライブがあります。NYのみなさんはぜひ来て下さいね。 さて土曜日から母は子供たちを置いて一泊でアリゾナに行ってきます!子供たちも寂しいだろうけど、お母さんがんばってきますよ!誰より一番頑張るのは留守中の子守担当になるお父さんか。。。久しぶりの飛行機ワクワク!新しい場所に出会いにいろいろ楽しみです。また報告します!

クリスマスと極寒

皆さま、今年のクリスマスはどう過ごされましたか?
クリスマスといったら、子供の頃は一年で一番大好きなイベントでした。クリスマス前の週末に届くおもちゃ屋さんの広告から欲しいおもちゃを見つけ、切り抜き、短冊のように小さなツリーにリクエストを吊るして当日まで姉弟3人でワクワクしていたのを今でも鮮明に覚えています。
リクエストしたおもちゃは確か、ひみつのアッコちゃんのコンパクト、王道のレゴから水晶玉まで。我が家のサンタさんが置いて行ってくれたものはニアミスなプレゼントが多かった思い出があります。
小5の時、ドキドキして眠れなくてサンタがきたと思ったら父が部屋にプレゼントを置いていくのを薄目で目撃して、中学に入った姉にサンタクロースが来なくなり、今までおもちゃをもらっていたのに両親から本一冊というなんとも夢のないプレゼント(その当時はそう思っていました)を受け取っていたのを見て感づいてはいたのですが、プレゼント欲しさに私は小6までサンタクロースを信じていました。

そのあとのクリスマスは高校生の時に初恋の人にフラれ、生まれて初めての失恋を経験ました。道端で泣き崩れていたら通りすがりの女の子たちに「こわ〜い」と避けられ、もう最悪のクリスマス。手編みのマフラーをプレゼントしようと思っていたのにフラれて、、、なんて今からするとかなり痛く恥ずかしい思い出です。。。
それからは世間はクリスマスなんてはしゃいでるけど、留学して家族とも離れているし、別にワクワクなんてしないクリスマスでした。クリスマスの本来の意味を考えていたらこんな想いはしていないんだろうけど。
しかし親になるとまたワクワクが戻ってきました。自分がサンタクロースになるって楽しいものですね。3歳になった娘はかなり賢くなってきたので、今年からはプレゼントの準備が大変でした。25日の朝にビックリした顔を見るのは最高ですね。
今年はチビちゃんにも来ました。ぼくには絵本。もう6ヶ月です。プレゼントをもらえなくてもいつもニコニコしています。

プレゼントを丁寧にラッピングをしてくれる日本とは違い、アメリカはセルフサービスなので不器用な私は毎年ラッピングに数時間かかってしまいます。今年はリボンも家にあったので、手作りしたら更に時間がかかってしまった。日本のサービスが恋しい。赤い風船は娘のリクエスト。こうやって遠目に見たら、見栄えは悪くないかも。

という感じで今年もクリスマスは過ぎ去り、わたしは大掃除におせち料理の買い出しに忙しくなるわけですが、何この寒さ?

昨日なんてこの寒さの中、無理に窓掃除をしたら窓がシャリシャリになってしまいました。もうベランダに出ると笑ってしまうくらい寒いです。でも明日は気合で買い出しです。日本の年末はどんな感じですか?
CDが発売されて数週間が経ち、いろんな方から「買ったよ〜!」と一報を頂きとってもハッピーです。ありがとうございます!
動画もコツコツとアップしています。

今回はフルバージョンの『いなか』です。楽しんでいただけたら嬉しいです。

では皆さん、良いお年を。

ニューアルバムの日本発売開始

12月に入ってあっという間に寒くなって来たNYは先日雪が積もりました。先日はショッピングモールにサンタに会いに行ってきたので、今回はNYお決まりのロックフェラーセンターのクリスマスツリーを見に。トランプタワーもそびえる5番街は相変わらず混んでいますが、ホリデイシーズン真っ只中とあってさらにすごい人混みでした。生後5ヶ月の息子君は人混みとこのホリデームードに触発されてか、うー!あー!だの興奮していました。3歳の娘に喜んでもらえるかと思ったら、案外冷静でした。横で「こんな大きな木を切ってかわいそうだ、ちっともキレイじゃない」などとぼやいている父親に似てしまったのでしょうか。確かに近くで見たら電飾の熱で枝がダメになってて、しなびている木を見たらかわいそうになってしまいました。ながーい年月かけてせっかく大きくなったのにバッサリ切られ、こんな街に持ってこられ、1ヶ月ほどはチヤホヤみんなに写真撮られますが、クリスマス終わったらバイバイじゃ残酷ですよね。リサイクルはするとは思いますが。なんて私も考え方がだいぶ誰かさんに似てきてしまいました。 写真はスケートをする人を見物する3歳児。被ってるのは一見かわいく見えるけど、キラキラのウンチのワッペンがついたニット帽。本人チョイス。(母は娘の頑固さに負けた)

なんて12月。バタバタしていたら、もう12/13!我々のニューアルバムの日本の発売日です。みなさんもう聴いていただけたでしょうか?それを想像するとワクワクします。それを記念してまたビデオ作りました。タイトルトラックの『アナザージャーニー』です。ぜひ聴いてください。

復帰

先月で息子が生後5ヶ月になり、だいぶ落ち着いてきたので母は今月から音楽活動に復帰することにしました。やはり音楽を人と演奏できるって最高に楽しいですね。妊娠中から今までずっと子供達に付きっきりだったので、子供達を夫に託し、1人ベースを抱えて地下鉄に乗るのも新鮮です。1人になりぼーっと考え事をしたり、音楽を聴きいったり、移動時間も有意義な時間です。ベースを持って地下鉄に乗る方が子供と乗るより案外楽だったのは意外な発見でした。結局いつも移動は身軽ではありませんが。
先日復帰して初めて夜のリハに行ってきたのですが、変化したことは自分の身体でした。まず、まだ夜中に授乳、オムツ替えなどで起きるのでいつも夜10:30くらいには寝る支度をしています。その時間に楽器を弾くとなると頭が働かず、猛烈な眠気が。集中力もなくなってきます。そしてなにより母乳育児をしているため、何時間も時間をあけてしまうと胸がガチガチに張ってしかもものすごい頭痛。グッタリして帰っても、1時間後にはいつものように夜中の授乳、オムツ替え。決して楽ではありませんが、やはり音楽を演奏できるのってありがたいです。母なしの寝かしつけの儀式は相当大変だろうけど、家族協力して応援してくれているので頑張っていこうと思います。
そんなこんなで再開した音楽活動ですが、一発目は私の師匠の息子さん、超凄腕クラシックベーシスト青森朋也さんと奥さんのジュリア・カングのチェロのデュオプロジェクトのコンサートに参加します。

ふたりの気持ちがいいくらい揃った息とものすごいテクニック、ユニークでキレイな音楽。クラシックの名曲をアレンジしたものなんかとても素晴らしいです。何より、朋也さんには時々ベースを教えて頂いたりもしているので、そんな彼にバンドに参加できて光栄です。12/9ニュージャージーにて。お近くの方はぜひ。来月にはこのバンドでアリゾナに飛びます!楽しみです。
あとこちらの夫婦デュオも頑張っています。今週のビデオは大輔作の『こころみず』です。ライブで聞いたことがある方もいるかも。この曲を聴いて心を水で洗い流すような気がしてくれたら嬉しいです。次はどの曲を撮ろうかな?お楽しみに!

NYの街はサンクスギビングが終わり、あっという間にクリスマス一色に。今日はサンタさんに会いに行ってきました。アメリカではショッピングモールやデパートに毎年出没しています。写真は娘が作って貰ったジンジャーブレッドのバルーン。一人一人に作ってくれて、お姉さん何時間も休みなしに子供達にバルーン作ってあげていました。大変。
3歳の娘がサンタさんから欲しいプレゼントは「赤い風船」。口が達者になって生意気も言うようになったのに、まだスレていないようで母はひと安心です。

大事なお知らせ📢

日本の皆様へ。11月22日に発売予定だった私たちのニューアルバム『アナザージャーニー』が諸事情により、発売日が12月13日に延期となりました。楽しみにしていただいている皆様に大変申し訳なく思っております。いい夫婦の日(11/22)から胃に胃酸の日(12/13)になってしまいました😖まいった、まいった。予約はAmazonで開始しましたので、予約してしばしお待ちくださいませ。お待ちしていただいている間に、ニューアルバムの視聴企画ビデオ第2弾です。今回は私の曲、『ニューボーン』です。新生児、または新しく生まれたという意味の曲です。今はお腹から出てきてもう5ヶ月ですが、誰にでもニコニコするハッピーベイビー(この前人形にまでニコニコしていた)がお腹の中にいた時に書いた曲です。新生児ってなんだかヒョロッとしていて華奢で宇宙人みたいな生き物ですが、とても神秘的ですよね。ニューヨークの皆さんは、明日のThe Kitanoでの大輔のソロコンサートでニューアルバムゲットできます!私は子守で行けませんが、ぜひ応援してあげてください。スペシャルゲストも出演予定の楽しそうなコンサートですよ!(大輔もきっと喜ぶと思います😜)引き続き宜しくお願いします!

秋も深まり

秋も深まってニューヨークもだいぶ寒くなってきました。そうそう、ニューヨークってこの感じ!というか、肌にピリッと緊張感のある冷たい風が吹いてくるようになりました。夏の間あんなに賑やかだった公園も寂しいくらい人が少なくなりました。みんなずっと家にこもっているのかしら? 秋といえば、ハロウィン。今年は娘が大きくなってきたので初めてハロウィンでトリックオアトリートと近所のハロウィンパレードに参加してきました。実はあんまりハロウィンが好きではなかった私。でもかわいい娘のために行ってきましたよ。ギリギリなって99¢ストアで魔女の衣装をゲット。安っぽいけど、案外定番の魔女はいなくて目立ってたかな。おばあちゃんに人気でした。毎年この日がこんなに大騒ぎになっていたなんて知りもしませんでした。街中、子供と親で溢れかえっていて店一軒一軒周りキャンディーをせがみに行く。

空っぽだったバケツもほらこの通り。

すごい量。なんだかお菓子なのに香料で変な匂いを漂わせているバケツ。まだチビなので食べられそうな(食べさせてもいいような)もの以外、全部バイバイかな。。。これが日本のお菓子だったら大変だっただろうな。 といった感じで、秋らしいイベントでした。来年はどうなることやら。今年の我が家の秋はイベントだらけで、今年は息子も生まれたのでお食い初めから始まり、私の誕生日、結婚記念日、両家の親が日本から来てくれたり、娘の誕生日、そして次はサンクスギビングが待っています。毎週何かイベントがあるような気がして賑やかにやっています。写真は誕生日に友達からもらったお気に入りを着てスクーターを練習する図。女の子でもカーズ大好き。ミニカーたくさん持っています。車好きは私に似たのかしら。

そうです、もう一つのイベントはなんといっても11月22日のいい夫婦の日。我々のニューアルバムが日本で発売になりますよ!

CDの視聴を兼ねて、動画をちょくちょくあげていこうと思っています。楽しんでいただけたら嬉しいです。今週の曲はこれ。すごく短いクリップですが、視聴ということで。

続きはCDでね。息子ももうすぐ5ヶ月になり、落ち着いてきたので少しづつ音楽活動を再開していこうと思っています。CDリリースライブはまだ未定ですが、それまでは動画で楽しんでいただけたら嬉しいです。

ニューアルバム発売!

2カ月間の産後、大量の抜け毛がやっと少し落ち着いてきた今日この頃。 阿部大輔との夫婦デュオ、ニューアルバム『アナザージャーニー』10/30から発売開始されました!日本ではCD自体の販売は11/22スタートですが、iTunesストアで音源のみの販売を開始しています。UoU Music Store新しくオープンしたUoUミュージックストアにて今回はハイレゾの音源も手に入りますよ!もう少しリアルで高品質な音を楽しみたい方におススメです!iTunesストア 愛情たっぷり込めて今回は私がiPhoneを駆使してアルバムのプロモーションビデオを作ってみました。何気なく撮っていた動画を使ったものです。当の本人が映っていませんが、今回のクレジットはカメラマンということで。 今回は『生きる』をテーマに。いろいろな方たちとの別れ、出会い、そしてさらに録音中はちょうど臨月になる大きなお腹を抱えて命を感じていました。人々の優しさに触れ、『生きる』という事ってなんなんだろう?と答えはいまだに出てはいませんが、そんな悶々とした思いがこもった作品です。 心を込めて作りました!ぜひ聴いてください。